CentOSにOpenCVをパッケージインストールする

 CentOSにOpenCVをインストールしたかったのだが、yum searchしても検出されない(fedoraだと見つかったのに?)。
 仕方が無いのでソースからビルドしようとしたら今度はcmakeが無い。

 おちつけ。

 最近建てたばかりの環境なので、3rdパーティのリポジトリ(RPMforgeとか)を設定していない事に気づく。

 RPMforgeを設定する。環境はCentOS5。

 まずは、yum-prioritiesをインストール。
 これは、RPMforgeに存在するパッケージがオフィシャルリポジトリでインストールしたパッケージを上書かないようにするためのもの。パッケージが重複したときに。

[ccb_bash]# yum -y install yum-priorities[/ccb_bash]

 まず、現時点で設定されているリポジトリのプライオリティを1に設定する。

[ccb_bash]# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo[/ccb_bash]

[ccb_bash][base]
name=CentOS-$releasever – Base
mirrorlist=http://mirrorlist.centos.org/?release=$releasever&arch=$basearch&repo=os
#baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/
gpgcheck=1
gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5
priority=1 # ←★この行追加
[/ccb_bash]

 他のリポジトリについても同じ。”priority=1″をつけておく。
 私の環境では、上記”CentOS-Base.repo”ファイル以外にも設定ファイルが存在したので、それらについても同様に”priority=1″とした。

 GPGキーのインストール。

[ccb_bash]# rpm –import http://apt.sw.be/RPM-GPG-KEY.dag.txt
[/ccb_bash]
 次にRPMForgeをインストール。

[ccb_bash]# rpm -hiv http://apt.sw.be/redhat/el5/en/i386/rpmforge/RPMS/rpmforge-release-0.5.1-1.el5.rf.i386.rpm
[/ccb_bash]
 まずは、アップデートしよう。

[ccb_bash]# yum update[/ccb_bash]

 よし、やっとcmakeのインストール、と思ったのだけど、よく考えてみればRPMforgeにOpenCV入ってた。

[ccb_bash]# yum install -y opencv
[/ccb_bash]

 ok.

毎日コミュニケーションズ (2009/07/29)
Related Posts

Comments are closed.