fedora 14をインストールしてみました

先日購入したThinkPad X201にfedora 14を入れる話をします。
マニュアルじゃないです。記録です。

1. ThinkPadアップデート
 まず、ThinkPadを起動してThinkPadのシステムアップデートツールに従い、全てのアップデートを行います。
 これからアンインストールするOSでなぜアップデートが必要かというと、ここでBIOSを最新にしておくと楽だからです。なのでアップデートはBIOSだけでも良いですが、私は全てアップデートしています。

* アップデートとか、次のリカバリDVDの作成とか全部キャプチャしたのですが、画像を退避する前にHDDフォーマットしてしまいまいた。馬鹿です。

2. リカバリディスクを作成する
 なんとこれもThinkPadのツールから行える。以前は結構大変だったのに。
 結果的にDVD3枚必要だった。ブート用ディスク1枚とデータディスク2枚。
 ちなみに、このディスクは1度作成すると、以降作成できなくなるので、ディスクはなくさないように。不安ならOSの再インストールを行い、再びリカバリディスクを作れば良い。

3. シールはぐ
 ベタベタ貼ってあるエンブレム類は全部剥いで捨てる

 そういえば、ThinkPadのロゴからLenovoが消えて、ThinkPadロゴのみになっていた。これでいい。シンプルだ。

 メガネケーブルのもはぐ。

 あとでベタベタになっちゃうので、剥ぐならシールが”若い内”がいいです。

4. さよならWindows7
 BIOSアップデートとリカバリディスク作るのにしか使ってませんがfedoraで上書きします。Windows7とのファーストコンタクトでしたがさよなら。

5. fedoraインストール
 説明不要ですが、Fedora Projectから最新のプログラムをダウンロードし、Live USBを作ります。
 Live USBからFedora 14を起動し、デスクトップ上にあるインストーラにより、PC本体へのインストールを行う。おわり。簡単になったものです。

Related Posts

Comments are closed.