toc+binファイルの変換

 出張中にAmazonでCDを購入し、週末PC(fedora)に取り込んで再び出張に出かけたのだが、.tocと.binという形式のファイルをどう扱っていいのわからず苦戦した。備忘録として残す。
 WAVファイルを手に入れるまでたった2手順なのだけど、実際には辿りつくまで色々苦労した。

1. .tocを.cue形式に変換する
[cc lang=”bash”]$ toc2cue music.toc music.cue[/cc]

2. .binと.cueからwavへの変換
[cc lang=”bash”]$ bchunk -w -s music.bin music.cue music[/cc]

 これでトラック別にwavファイルが生成される。
 bchunkは存在しなかったのでyumでインストール

[cc lang=”bash”]$ su
# yum install bchunk
[/cc]

 toc2cueについてはインストールされていたのだけど、存在しなければインストールの必要がある、ただし、yumでサーチしても見つからないので何か別のパッケージに含まれているものかもしれない。

flac+cue – while(1)って恐くね?
http://d.hatena.ne.jp/gamaguchi/20070303/p2

 この記述によれば、cdrdaoパッケージに含まれているとある。

 wavファイルのエンコードについては別途。
 現在Linux(fedora)での音楽プレイヤーを模索中。ファイルの管理についても検討中なので、今のところwavのまま再生している。

No tags for this post.
Related Posts

Comments are closed.