Gunma.web #7 で喋ってきました『エダカリン!』

 先日のGunma.web #7で発表してきました。
 今回はLTでなく10分程度の発表です。LTじゃないのは初めて。

 テーマはツリーデータの枝刈りで、かなり昔に作成したWebアプリ 実用 R アナグラミング を題材にしてローマ字アナグラミングのデータ構造をいじくりまわすという趣旨です。

 実用 R アナグラミング は、ANIを(アニ|アンイ)の複数読みができないというバグを抱えたまま数年放置していたアプリなのですが、今回Gunma.webの発表機会もあって取り組んでみました。
 今回作成したライブラリは、まだアプリに取り込んでないのでバグは抱えたままです(というか元の作りが悪くて単純なI/Fの差し替えで対応できない)。そのうち差し替えます。

 今回のソースコードはgithubに置いてあります。disってください。

romaji-anagram
https://github.com/ivoryworks/romaji-anagram

 発表後、具体的な処理について質問がいくつかあって、お茶を濁すような形で説明してしまったのですが、詳しくははコード見てください。ごめんなさい。

 それと、これは個人的なポリシーなのですが、今回のスライドにソースコード載せてません。今後も私のスライドにソースコードが載ることはありませんし、(たぶん)これまでも無かったと思います。
 理由はいくつかありますが、一番大きいのはGunma.webが言語に特化した勉強会でないからです。
 今回の題材はPHPで書いていますが、PHPerのプログラマーの方にも非PHPerのプログラマーの方にも非プログラマーの方にも同じくらいのInputになるように心がけています。
 LTだったら1枚のスライドに長くて十数秒しか割けないとか、スライドなのであまり小さな文字は書けないとか、そもそもコードがダメとか小さな理由はいくつもあるのですが、まあそういった事なので今後ともよろしく。

Related Posts

1 Comments.

Trackbacks and Pingbacks: