fedora16 ブート時にコケる問題(fsckで修復成功)

先日より、Fedoraがブート失敗するようになってしまった。
このまえレジュームの復帰失敗した事があったからそれかなー。

Booting 'Fedora (3.1.9-1.fc16.i686)'

Loading Fedora (3.1.9-1.fc16.i686)
Loading initial ramdisk ...

_Fedora-16-i686-: UNEXPECTED INCONSISTENCY; RUN fsck MANUALLY.
(i.e., without -a or -p options)
dracut Warning: e2fsck returned with 4
dracut Warning: _Fedora-16-i686- contains a file system with errors, check forced.
dracut Warning: _Fedora-16-i686-: Inodes that were part of a corrupted orphan linked list found.
dracut Warning: **** An error occured during the file system check.
dracut Warning: **** Dropping you to a shell; the system will try
dracut Warning: **** to mount the filesystem(s), when you leave the shell.

dracut Warning:

Dropping to debug shell.

sh: can't access tty; job control turned off
(Repair filesystem):/#

fsckコマンドで何かしろと書いてあるようなのだけど知識が足りない。
exitで抜けるとOSが起動するので、そのまま使っていたが、このままではダメだろうと情報探した。

shell command to fix filesystem
http://ask.fedoraproject.org/question/682/shell-command-to-fix-filesystem

(Fedora16 betaで)tonybrowningさんが同じ問題で困っていた。

fsckによる解決方法が書いてあったのでマネしたら直りました。
fsckにより無事修復されたようです。
なお、「fsckコマンドは場合によってファイル(システム)を破壊してしまうかもしれないのでバックアップ必要マジ」という情報は後になってから知りました。あぶない。

手順:
まず、blkidでブロックデバイスの情報を表示する
# blkid
/dev/sda1: UUID="..."
/dev/sda2: UUID="..."
/dev/mapper/vg_hostname_lv_swap: UUID="..."
/dev/mapper/vg_hostname_lv_root: LABEL="_Fedora-16-i686-" UUID="..."

次に、fsckにブロックデバイスを与える。
fsck -y /dev/mapper/vg_hostname_lv_root
ファイルシステムのチェックや修復が行われる。
/dev/sda2を指定しても同じはず。
LABELにFedora-16とあったから/dev/mapperの方を選びました。

終わったらexitで抜ける。
# exit
改めて再起動したら問題の現象は発生しなかった。
ok.

Related Posts

Comments are closed.