Notice: get_currentuserinfo の使用はバージョン 4.5.0 から非推奨になっています ! 代わりに wp_get_current_user() を使ってください。 in /var/www/html/blog/wp-includes/functions.php on line 3831 Call Stack: 0.0000 228200 1. {main}() /var/www/html/blog/index.php:0 0.0001 228640 2. require('/var/www/html/blog/wp-blog-header.php') /var/www/html/blog/index.php:17 0.1086 5927960 3. require_once('/var/www/html/blog/wp-includes/template-loader.php') /var/www/html/blog/wp-blog-header.php:19 0.1097 5936032 4. include('/var/www/html/blog/wp-content/themes/zbench/single.php') /var/www/html/blog/wp-includes/template-loader.php:74 0.1097 5936064 5. get_header() /var/www/html/blog/wp-content/themes/zbench/single.php:1 0.1097 5936648 6. locate_template() /var/www/html/blog/wp-includes/general-template.php:45 0.1097 5936888 7. load_template() /var/www/html/blog/wp-includes/template.php:647 0.1098 5950744 8. require_once('/var/www/html/blog/wp-content/themes/zbench/header.php') /var/www/html/blog/wp-includes/template.php:688 0.1111 5966952 9. wp_head() /var/www/html/blog/wp-content/themes/zbench/header.php:8 0.1111 5967000 10. do_action() /var/www/html/blog/wp-includes/general-template.php:2589 0.1111 5967672 11. WP_Hook->do_action() /var/www/html/blog/wp-includes/plugin.php:453 0.1111 5967768 12. WP_Hook->apply_filters() /var/www/html/blog/wp-includes/class-wp-hook.php:323 0.1243 6194856 13. call_user_func_array:{/var/www/html/blog/wp-includes/class-wp-hook.php:298}() /var/www/html/blog/wp-includes/class-wp-hook.php:298 0.1243 6195464 14. add_google_analytics() /var/www/html/blog/wp-includes/class-wp-hook.php:298 0.1245 6196248 15. ga_current_user_is() /var/www/html/blog/wp-content/plugins/google-analyticator/google-analyticator.php:1116 0.1245 6196280 16. get_currentuserinfo() /var/www/html/blog/wp-content/plugins/google-analyticator/google-analyticator.php:1289 0.1245 6196504 17. _deprecated_function() /var/www/html/blog/wp-includes/pluggable-deprecated.php:49 0.1246 6196992 18. trigger_error() /var/www/html/blog/wp-includes/functions.php:3831

[Komodo Edit][Macro] 表示中のテキストにアクセスする

快適にMarkdown書きたい

 前に書きましたが、例えば画面を2分割して一方でMarkdown書きながら、もう一方でプレビューするような事ができないので、どうすれば実現できるのか考えています。
 Komodo Editのマクロは起動トリガの設定(ファイルを保存したら実行する等)が行えるので、そのあたりに糸口があると思い、まずはKomodo Editのマクロについて勉強しています。

Helpに書いてあるサンプルが間違ってる

 マクロは、PythonかJavaScriptで記述する事ができます。
 まともに書いた事ないのですが以前から学習したかったのでPythonで書いていく事にしました。

Komodo Edit Help
Macros->Macro API->Python Macros->Accessing the editor
ONLINE HELP:
http://docs.activestate.com/komodo/8.5/macroapi.html#macroapi_py

 Komodo Editのヘルプファイルにはマクロについての記述があり、”Accessing the editor”章には、Pythonによって表示中のテキストにアクセスする方法が書いてあります。

 これが動かない。

 Pythonの知識も、XPCOMの知識(XPCOMよくわかっていない。ミドルウェア?)も皆無の為、実行環境が悪いと思ってハマりました。Helpに載ってるコードが間違ってるとは思わなかった。

既に指摘されてた(2007年)

Scimoz object in Python
http://community.activestate.com/forum-topic/scimoz-object-python

 最後に、「手元のドキュメント修正したyo」みたいな事が書いてあるけど、2014年現在でも修正されてないので忘れ去られているのだと思う。

Scimozによりテキストへアクセスする

 僕の理解ではこのポストの内容から、修正後のコードは以下となり、view.scimoz による、Scimozのインスタンス取得が成功します(Helpのコードではエラーとなる)。
 ※ Gist貼るとおかしい。何かと競合しているみたいだな。あとでなおします。

Komodo EditはPython2を包含している

 今回の件で、Pythonの実行環境が悪いのだと思い、プラットフォーム側のPython環境を調べていたら、Komodo Editは自らが持つPython環境を用いている事を知りました。 プラットフォーム側の環境がエディタの動作に影響を与えてしまうからです。

 逆を返すと、プラットフォーム側のPythonに手を加えても、Komodo Edit上では利用できない事になる(と思う)。 Markdownのコンバートの為に、Markdown.pyを導入しようと考えていたけど代案が必要になりそうだな。

著者 :
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
発売日 : 2008-02-20
Related Posts

Comments are closed.