KomodoMarkdownAidを公開したら色々あった

Screenshot

はじめに

このエントリのタイトルは、『 Komodo Markdown Aidを公開したらKomodo Editの中の人が見つけてくれてissueやpull requestもらったりして感激したけど最終的にGitHubのリポジトリを壊した』という風にしたかったが長いので省略した。

Komodo Markdown Aid

先日、Markdown文書を書きながら閲覧するためのKomodo IDE/Edit マクロをリリースした。Komodo Markdown Aidという。

[Komodo Edit] Komodo Markdown Aidをリリースしました

このマクロは、GitHubで公開していて誰でも使える。

GitHub : ivoryworks/komodo-markdown-aid

Readme.mdを英語で書いた

Komodo Editには個人的にいくつかの不満点があり、その中に『Markdown文章を手軽にプレビューする手段がない事』があった。

かなりの時間をかけて『KomodoEditでMarkdown文章をプレビューする何か』を探しまくったのだけど、これが全世界的に存在しない。

マクロを書いた。

おそらくは世界にこれしかないので、GitHubで公開するにあたってReadme.mdは英語で書いた。
英語で書いた、と書くとあれだけど、はっきり言って英語力が皆無なので、Google翻訳を駆使しながらも、最低限の情報を載せた。

今までGitHubには『公開しても差し支えの無いもの』を置いていて、見られたくないコードは、自前のVPSにリポジトリを作っていた。
『公開しても差し支えの無いもの』と『公開するもの』の間には大きな隔たりがある。だから、今までReadmeなんて日本語ですらまともに書いたことがなかった。

はじめてissueが来た

リリース後しばらくしてissueが届いた。
今までGitHubを単なるコードの保管場所に使っていたので、issueなんてもらったことない。

Hi there, awesome macro! I had been thinking of creating one just like it, glad I don’t have to :) I look forward to using yours.

I think many users will appreciate your work on this, so why not submit it to the Komodo Resources section? :) https://github.com/Komodo/Komodo-Resources

端的には、Komodo IDE/Editのマクロやアドオン、スキンなんかを取り纏めているKomodo ResourcesというサイトにKomodo Markdown Aidを登録したい、と書いてある。

調べたら、Komodo Editの中の人からのissueだった。

Google翻訳の全面的な協力のもと返信した。

はじめてpull requestが来た

翌日、Komodo Resourcesに”Markdown Preview”という名前で、Komodo Markdown Aidが登録され、issueはcloseとなった。

Markdown Preview

同時に、Komodo Markdown Aidへpull requestが来た。
最初のissueには「僕もこういったものを作ろうとしてたんだ」と書いてあって、社交辞令だろうと思ってたけど、コード読んでくれてて良かった。
落ち着いてから投入しようと思い、保留にした。

リポジトリを破壊した

これまでのコミットに気にくわない個所があって、Komodoの中の人からpull requestもらって調子に乗っていた僕は、最悪なことに歴史の改ざんに踏み切った。

何をしたとか省くけど、リポジトリがきれいになったと思ったらpull request投入できなくなっていた。関連が切れた状態になっていたのだと思う。

しかたなく泣きながら手動マージしてcommitした。

Google翻訳の全面的な協力のもと謝罪した。

まとめ

  • Readme.mdを英語で書いてよかった。
  • まごころがあれば適当な英語でも大体伝わる。
  • 歴史の改ざんはやめろ。後学のために歴史改ざんした方がいい。そして1回くらい死んだ方がいい。
Related Posts

Comments are closed.