やわらかい機械

「曲がるiPhone」を実現する技術の特許をAppleが取得 – GIGAZINE

現地時間の2015年1月6日にAppleが「Flexible electronic devices(自由に曲げられる電子機器)」の特許を取得しました。ディスプレイやケースだけでなく、内部パーツまで曲げられるという、かなり画期的な内容になっています。

 先日、appleの曲がるiPhoneの特許について報じられたとき、やわらか携帯の事を思い出した。

薄くなっていく携帯。さすがにどこかで歯止めがかかるはずだが、薄くなればなるほど強度が心配になってくる。今度は「やわらかい携帯電話」が出てきたりしてね。いや、やわらかいと言うより「しなる携帯電話」かな。

 この少しあとに、やわらか電池を書いている。

 当時(2009年)は、バッグの中で不意に圧がかかっても壊れないような、しなる携帯電話が出てくるかもしれないなあと考えていたのだけど、結局現在までにそういった端末が市場に並ぶことはなく、「携帯電話」は減少の一途をたどっている。

 このエントリで「携帯」と言っているところが時代を感じるけれど、その半年後にdocomoの初Androidを紹介していて『2009/07/10『docomo PRO series HT-03A』発売』、翌年にはIS03を買っているから、ちょうど転換期だったのかもしれない。『ZaurusとIS03

 曲がるiPhoneが登場するかどうかわからないけど、5年もしたらスマートフォン持ってないかもしれないなあ、とぼんやり考えています。

Related Posts

Comments are closed.