Tag Archives: au

SHL22買ってすぐ交換になる

IMG_0048_t

ぼくもイグゾーにしました

 SHL22というSHARP製au端末を買いました。2週間くらい経ちます。IS03からの機種変。
 IS03買ったよみたいなのを書いたのが2010年11月なので、2年半以上経過してます。

最初の感じ

 デカい。
 IS03と比較してというのを差し引いても。
 発売前、発表された本体サイズを元に型紙を切って、その大きさを手にしてみたけど(これオススメ)、いざ本物持ってみると更に大きく感じる。でも慣れた。人間すごい。

 あと、画面が白い、気がする。
 白っぽい。明るいとも少し違うが、白っぽいというのもちょっと間違っているかもしれない。
 いろんな端末触っててもこの感じは始めてなので実際何か違うのだろう。

買ったやつ、初期不良だった

 いろいろ操作してたら、画面の右上あたり、縦に細長い領域がタップ認識しない(しずらい)事に気づいた。かなり強めにカツっとやると認識するんだけど、普通に操作してる感じだとムリ。
 「画面の右上」というのはかなり重要なUIが置いてある場所で、オプションメニューとか閉じるボタンとか、そういうのがまともに押せない。死んだ。

 実は、画面のタッチセンサーについて発売直後からネットで騒がれてて、最初はそれなのかなと思ったけど、報告されてる現象と違ってたので、買って翌々日にはショップで現象見てもらって交換となった。
 2日しか使ってない液晶フィルム惜しかったな。交換後の端末用には別のフィルムを買った。

 今日はここまで。

ZaurusとIS03

 SHARP IS03買った。

 Zaurus SL-C760(写真左)を触っていた2003年に、

「ケータイとPDAの間の端末が欲しい。PDAとPDCの間だからPDBとか言って」

と言ったのを思い出した。

 PDBっていうのはもちろん冗談だけど、つまりスマートフォンが欲しかった。
 その当時でも、PDAとPDCの中間の端末というのは、そのうち登場するだろうと想像できたけど、衰退していたPDA市場もあって、でもたぶんニッチな物になるだろうと思ってた。

 PDBの話は「そんな画面がデカい端末で電話するとかありえない」と笑われたけど、いつのまにか「ありえない画面サイズの端末」を耳に当てていても笑われる事のない世の中になった(ただし本当にありえないサイズのはさすがに笑う)。

 そして「猫も杓子も」とまでは行かないが、まあ大して良くわかっていない人すらも「スマートフォン!」と言う時代が来るとは思ってもみなかった。
 ものごとの流れはどうなるかわからない。だって、小さいとか軽いとか薄いとかいう端末を作るのにメーカーが躍起になってた時代もあったのにだよ。

 気になる点は既にいくつかあるけど、久しぶりに触り込む気になった。

カバー着せ替えについて
 IS03は現在オレンジ・ホワイト・ブラックの3色がリリースされているが、電池ブタを別途購入することで「着せ替え」ができる。
 ショップで聞いてみると、価格は税抜き610円、だけど通常販売向けの生産が追いついていない状況なので、取り寄せるにしてもしばらく先になるという回答だった。とりあえず、ブラックの電池ブタをお願いした(ブラックの電池ブタはオレンジのそれと違ってマットな感じ)。

SDカード
 32GB Class4にした。
 32GBのmicroSDHCはまだ値がはるし、16GB2枚でいいんじゃね?とか言う人がいるけど、IS03のSDカードスロットは電池を外さないと差し替えられない位置にあるのでやってられない。

ストラップ
 基本的に首にかけることは少ないのだけど、見た目でこれに。
 中央のボタンを押すとリングが外れる構造。リングの内側にベアリングが仕込まれているのも手が込んでいる。

とりあえず、こんな装備でIS03を触っていこうと思う。

キングストンテクノロジー (2010/10/13)

au Android 黙して待て IS03

 最近IS03と思われる謎めいたTVCMが流れますね。

 オフィシャルでも「未来へ行くなら、アンドロイドを待て」なんて言ってます。

 Twitterと連動しているのか。

 そうそう、なんか商品画像リークされてるみたいですけども、10/04 10:00にプレスリリースがあるみたいなので待ちましょうそうしましょう。
 ウワサどおり2.x系なのかな?

 あれほど買うと言っていたIS01は見送ったので(ゴメン)IS03に期待大。

オライリージャパン (2010/09/04)

au Android『IS01』キタ。の2(来たのに)

 昨日、待ちに待ったauユーザを震撼させた『IS01』。批判の声も多いようだけど個人的には、欲しい。
 Netwalkerを見送ったZaurusユーザとして、この端末は欲しい。
 カメラ撮影の時、ディスプレイ開いて底面のカメラで撮影するという、個人的に少し恥ずかしい撮影スタイルになるが、それでも欲しい。初めに言っておく。

 ただ、やっぱりちょっとおかしくないか?

 まず、世間一般的に見て、『IS01』は成功しないだろう。

 auのAndroidだと言って、いざフタを開けてみたら、
「これはスマートフォンじゃないんです。スマートフォンとネットブックの中間に位置するスマートブックというものなんですよ。奥さん」
である。
 これは納得できない。昨年より「ウチもAndorid出すよー出るよー」と煽っておきながらこれはないだろう。皆大きくコケたに違いない。

 また、ハナから2台持ちを想定したアプローチなのも、スマートフォン市場で本気で戦う気があるのかと問い詰めたい。
 ただきっと「ですからこれはスマートブックなんですよ。電話じゃあないんです。電話もできますけどね。さっき言ったでしょう?」と切り替えしてくるだろう。

 イヤホンマイクじゃないと通話できないなんてね。でもまあ、2台持ってもいいよ。

と、昼間は思っていた。

 発表の後、様々なところで『IS01』の事が書かれて、色々と読んでいく内に、どうしてこんな中途半端な事になってしまったのかと、残念感がふつふつと沸いてきた。

 次のAndroidに繋がる端末にしたい、だって?バカな。

 逃げや自虐にもほどがある。しかも、Android第2弾は年内という情報(本当?)もあるようだけど、新機種発表の日に次機種の餌をちらつかせているようではダメだ。

 『IS01』を購入するユーザに失礼だろう。

 IS01、欲しいはずなのだが、この気持ちは何なのか。
 第2弾Androidの発表を待ってから手を伸ばしてもいいかもしれないな、とぼんやり考えている。

au Android『IS01』キタ。

KDDI株式会社向け<IS01>の製品化について | ニュースリリース:シャープ

au初のAndroidスマートフォンか、KDDIがいよいよGoogleと新商品を発表へ – GIGAZINE

 遂に発表されました『ISシリーズ』と銘打たれてます。
 予告通り、AndroidとWindows Mobileの端末、『IS01』と『IS02』。

 Windowsなんとかの方はどうでもいいから、とにかく『IS01』の方を。
って、アレー!?コレ『NetWalker』的なアレじゃないですかっ!かっ!かっ!(残響)

au初のAndroidスマートフォン「IS01」速攻フォトレビュー – GIGAZINE

サイズは149x83x17.9mm。デカい。デカいナー。
実際に紙に四角を描いてみたけど、通話するにはちょっと恥ずかしいサイズ。
というかマイク位置が見つけられなかったので通話時のスタイルが想像できない。

 それと、メインカメラが底面部にあり、ファインダーとなる液晶は本体を開かないと使えないのは頂けない。リナザウのようにバリアングルにして欲しかった。

KDDIがAndroidスマートフォン「IS01」とWindowsスマートフォン「IS02」を発表 – GIGAZINE

これらのスマートフォンは2台目需要を想定しており、通常の音声端末と2台持ちする場合、毎月プランEシンプルとプロバイダ「IS NET」の利用料金となる1095円が割引される「ISデビュー割」が提供されます。

 あー、ハナから2台持ちを想定しているのか。
 「ISデビュー割り」どうかな。

 会場では価格についての質問も挙がったようですが、

そんなにべらぼうに高くはならない。届けやすい価格で提案したい。

とのこと。Xperiaより高いと痛い。あの辺りが上限だと思う(検討した上での価格設定だと思う)。

 たぶん買うんじゃないかなあと思います。

IS01

『Cメール』って書いてある。使えるんだね。

au Android ケータイ プレスリリース なのかーっ!

いよいよauのAndroidスマートフォンがお目見えか、KDDIがGoogleと新商品発表会を実施へ – GIGAZINE

産経新聞社の総合経済情報サイト「SankeiBiz(サンケイビズ)」によると、KDDIは3月30日(火)11:00からGoogleと「新商品」の発表会を行うそうです。

 マジかーっ!
 この前、Nexus Oneじゃね?みたいな情報が流れたですけど、まあ、Nexus One出てもいいですけど、他のメーカからも出てきてほしい。
 選ばせて。

あれ?データリンクできる・・・ない『OWL-CBJ-AU』

USB_au.jpg

 昼休みに高崎ビックカメラで携帯の充電ケーブルを買いに向かう(歩いていける距離にあるので助かる)。

 リール型の充電ケーブルが良かったので探してみたらすぐに見つかった。
 ブラックとホワイトの2種があったため、どちらにするかと迷っていたら値札が違う事に気がついた。
 どう見ても同じなのに、1000円近く高いものがある。リール部のデザインが違うだけでパッケージも同じように見える。
 店員さんに聞いてみたところ、どうやら高い方は充電だけでなくデータリンクも出来る商品だと言う。言われてみると、同じだと思っていたパッケージの片端に「データ転送」と表記してあった。
 充電だけで十分なので、データリンク非対応のケーブルを購入。
 職場に戻り接続してみて驚いた。
 写真の通り、データリンク用ケーブルを接続したときの画面となった。
 なんだ、これデータリンクできるんじゃないかと思い、にわかに得した気分になったが、少し操作してみたら機能していなかった。どうやら端末側が誤認しているようだ。

Androidことはじめ

 そろそろ新しい携帯電話欲しくなってきて、色々と物色している中、「そういえばAndroid携帯ってどうなったんだっけ?」と、別の方向に興味が移ってしまい、現在Androidに夢中。←いまここ

 新しい端末購入は、auからのAndroidリリースを待つことにし、それまでAndroidのアプリ開発に挑戦しようと思う。
 始めに言っておくと、Javaの開発経験はない。まるでない。
 であるから、Hello!!とAndroidが挨拶してくれるまで、しばらく時間がかかるかもしれない。
 まずは、開発環境の構築から、か。
Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門 – @IT
Google Android用携帯アプリ作成のための基礎知識 – @IT
* やや古
改訂版:Eclipseではじめるプログラミング – @IT
カバーデザイン:土井宏明(ポジトロン)/浅倉久志
早川書房 (1977/03/01)

公衆無線LANダメですか?『WiFi WIN』

 WiFi WINは、au携帯電話で利用できるWiFi接続機能(サービス)。いまのところ(2009年06月現在)WiFi WINに対応しているのは、先日リリースされたばかりの東芝製 Biblioのみ。
 もちろんパケ代無料。ただし月額使用料は必要(2011/06/30まで無料)。対応機種増えるのかな?
 非スマートフォンでWiFiが利用できるのは良い。
が、

WiFi WIN

公衆無線LANサービスでは一部を除き原則ご利用になれません。


 そうですか。利用になれませんですか。
ケータイ用語の基礎知識 – 第423回:Wi-Fi WIN とは
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/keyword/45583.html

 Wi-Fi WIN専用ゲートウェイを利用していますので、PCなどからはWi-Fi WIN用のサービスの利用はできません。なお、公衆無線LANを利用する場合、接続先はFREESPOTなどWeb認証を必要としないサービスだけになります。これは、携帯電話側の無線LAN接続機能では、ESSIDの登録やWEP/WPAなどの暗号化をサポートするものの、Web認証は非対応となっているためです。そのため、NTTコミュニケーションズのHOTSPOTなどは利用できません

 お、なるほど。
それはそうと、はやくAndroid携帯出してよね。

Run and Walk その後2(まだダメ)

 ひさびさにRun&Walkを起動してみたらバージョンアップによるアプリのダウンロードを促された。

 前回、期待に反して使い物にならないと文句を言ったのだけど、今回のバージョンアップはかなり期待した。
 アプリを起動してみるとUIが一新されている(デザインの変更が主)。
 ためしに2km弱ほど自転車で走行。
runandwalk_dame2.jpg
 44km。
 だめだー。
 最後一瞬にして40km以上先の山の上にワープしておわり。
 前回も書いたけど、これはケアできる問題だと思うのでなんとかならんものかと。
 すごく期待し、必要としているだけに残念だ。