Notice: get_currentuserinfo の使用はバージョン 4.5.0 から非推奨になっています ! 代わりに wp_get_current_user() を使ってください。 in /var/www/html/blog/wp-includes/functions.php on line 3831 Call Stack: 0.0000 228200 1. {main}() /var/www/html/blog/index.php:0 0.0000 228640 2. require('/var/www/html/blog/wp-blog-header.php') /var/www/html/blog/index.php:17 0.1156 6027488 3. require_once('/var/www/html/blog/wp-includes/template-loader.php') /var/www/html/blog/wp-blog-header.php:19 0.1168 6036656 4. include('/var/www/html/blog/wp-content/themes/zbench/archive.php') /var/www/html/blog/wp-includes/template-loader.php:74 0.1168 6036688 5. get_header() /var/www/html/blog/wp-content/themes/zbench/archive.php:1 0.1168 6037272 6. locate_template() /var/www/html/blog/wp-includes/general-template.php:45 0.1169 6037512 7. load_template() /var/www/html/blog/wp-includes/template.php:647 0.1169 6051760 8. require_once('/var/www/html/blog/wp-content/themes/zbench/header.php') /var/www/html/blog/wp-includes/template.php:688 0.1182 6068016 9. wp_head() /var/www/html/blog/wp-content/themes/zbench/header.php:8 0.1182 6068064 10. do_action() /var/www/html/blog/wp-includes/general-template.php:2589 0.1183 6068736 11. WP_Hook->do_action() /var/www/html/blog/wp-includes/plugin.php:453 0.1183 6068832 12. WP_Hook->apply_filters() /var/www/html/blog/wp-includes/class-wp-hook.php:323 0.1278 6244856 13. call_user_func_array:{/var/www/html/blog/wp-includes/class-wp-hook.php:298}() /var/www/html/blog/wp-includes/class-wp-hook.php:298 0.1278 6245464 14. add_google_analytics() /var/www/html/blog/wp-includes/class-wp-hook.php:298 0.1280 6246248 15. ga_current_user_is() /var/www/html/blog/wp-content/plugins/google-analyticator/google-analyticator.php:1116 0.1280 6246280 16. get_currentuserinfo() /var/www/html/blog/wp-content/plugins/google-analyticator/google-analyticator.php:1289 0.1280 6246504 17. _deprecated_function() /var/www/html/blog/wp-includes/pluggable-deprecated.php:49 0.1281 6246992 18. trigger_error() /var/www/html/blog/wp-includes/functions.php:3831

Tag Archives: Eclipse

OpenCV-2.3.1 Android プロジェクトのエラー

AndroidでOpenCVはじめました。
FedoraでEclipse使うのは初めてなので、開発環境の構築からなにやら色々やりながら泣きながらなんとか実機(SHARP IS03)でOpenCVのサンプルプログラムを実行。←いまここ

最初、
OpenCV-2.3.1のプロジェクトをインポートすると、OpenCVのプロジェクトがエラーとなりビルドできない。SampleやTutorialのプロジェクトも引きずられる。
Eclipseのコンソールには以下のメッセージ。
[OpenCV-2.3.1] Android requires compiler compliance level 5.0 or 6.0. Found '1.4' instead. Please use Android Tools > Fix Project Properties.
[OpenCV-2.3.1] Android requires compiler compliance level 5.0 or 6.0. Found '1.4' instead. Please use Android Tools > Fix Project Properties.
[OpenCV-2.3.1] Android requires compiler compliance level 5.0 or 6.0. Found '1.7' instead. Please use Android Tools > Fix Project Properties.

OpenCV-2.3.1のプロジェクトを右クリックして、メニューから
[Android Tools] -> [Fix Project Properties]
で直る。
これ、メッセージの通りであるけど、Pleiadesなどで日本語化してある場合は、
[Androidツール] -> [プロジェクト・プロパティを修正]
となる。

オライリージャパン (2010/09/04)

Android:開発環境の支度2『Android SDK』

 『Android SDK』はAndroid用アプリケーションを開発するための開発キット。擬似端末とツールなどが詰まっている。
 Android Developersからダウンロードする。最新バージョンは1.5であった(android-sdk-windows-1.5_r2.zip)。
Android Developers
http://developer.android.com/
 SDKの展開先は何処でも良いが、eclipseを展開した c:\application 下とした(C:\application\android-sdk-windows-1.5_r2)。
 次に、ADT(Android Development Tools Plugin for the Eclipse IDE)をインストールするのだが、これはEclipseのプラグインであるためインストール作業はEclipse上で行う。
 Eclipseのメニュー「ヘルプ」から「ソフトウェア更新」を選択しソフトウェア更新およびアドオンダイアログを表示する(注:Eclipseは日本語化してある)。
 「使用可能なソフトウェア」タグを選択し、「サイトの追加」ボタンを押下する。
 サイトの追加ダイアログのロケーションに以下URLを設定してOKボタンを押下。
https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/
 リストに設定したURLが追加された。
 ふと画面端を見てみると、プログレスバーのようなものがせわしなく動いている。ネットから何かを取得しているように見えるのだけれどわからない。参考にしているSoftware Design(2009/03)や、Webサイトには何も説明されていない。
eclipse_softwareupdate.jpg
 次の手順に進んで良いのか不安が残るが、手引きどおり次の手順へ進む事にした。
 次は、追加したURLのチェックボックスにチェックを入れて、インストールボタンを押下する・・・なのだが、チェックボックスにチェックを入れてもインストールボタンが活性化されない。やはり「何かの処理」の完了を待つ必要がありそうだ。
 しばらく待ったが全然終わらない。
 ソフトウェア更新およびアドオンダイアログが表示されているとEclipseが最小化できないので、とりあえずプログレスバーの処理が完了するまでダイアログを閉じておくことにする。
 最小化したら、アンチウイルスソフトのFireWallが「コイツの接続を許可していいか?」と言っていた。もちろんコイツはEclipse。これか・・・。
 許可したら少ししてプログレスバーの処理は止んだ。
 気を取り直して、追加したURLのチェックボックスにチェックを入れて、インストールボタンを押下する。
 インストールダイアログには以下2つのプラグインがチェック状態で表示されていた
  • Android DDMS
  • Android Development Tools
 普通に進めばインストールは完了する。再起動が必要。
 再起動したらADTの設定を行う。
 Eclipseのメニュー「ウィンドウ」から「設定」を選択し設定ダイアログを表示する(何度も書くけどEclipseは日本語化してある)。
 ダイアログ左のツリーにある「Android」を選択すると、警告ダイアログが2枚ほど表示されるが、何も心配ないので閉じれば良い。
 ダイアログ右のSDK LocationにAndroid SDKを展開した先を指定し、適用ボタンを押下する。
eclipse_ADT.jpg
 以上で開発環境の支度は完了。
 次回はいよいよ擬似端末を起動してみる。

Android:開発環境の支度1『Eclipse』

eclipse.jpg
 先のエントリのとおり、Google Androidアプリの開発に挑戦することにする。
 右も左もわからないのだけれど、おあつらえ向きなコンテンツが@ITにあったのでありがたく参考にさせて頂く。
Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門 – @IT
http://www.atmarkit.co.jp/fjava/index/index_android.html
 開発環境はEclipseがいいですよ、と言うので黙って従う事にする。なお今回は、Windows XPが動作するコンピュータで開発を行う。

Eclipseは使う前提として、JDKかJREがインストールされている必要があります。

 「JDKかJRE」。どちらも知らないし”or”なのが気になる。なに?
  • JDK(Java SE Development Kit)
  • JRE(Java Runtime Environment)
 どうやら開発キット(JDK)と実行環境(JRE)ということだけど、JREはJDKを内包していると書いてあるので、JDKをインストールする事にする。
Java SE Overview – at a Glance
http://java.sun.com/javase/
 『JDK 6 Update 14』というのがあったのでダウンロードした(jdk-6u14-windows-i586.exe)。
 日本語化されたドキュメントも用意されているので合わせてダウンロードする(jdk-6u10-docs-ja.zip)。展開したら266Mbyteにもなった。巨大だ。
 次にEclipse。
Eclipse Downloads
http://www.eclipse.org/downloads/
 3.4.2が最新版であるらしいので『Eclipse IDE for Java Developers (85 MB)』の”Windows”アンカーでページ遷移してダウンロード(eclipse-java-ganymede-SR2-win32.zip)。
 Eclipse 3.4.2の日本語化言語パックも入手下記サイトから入手する。
 『Eclipse IDE for Java Developers』のアーカイブがそれである(NLpackja-eclipse-java-ganymede-SR2-blancofw.zip)。
Eclipse Ganymede (3.4.2) 日本語化言語パック (サードパーティ版)
http://sourceforge.jp/projects/nttdatagroup-oss-square/wiki/blanco_Framework%252Fnlpack.eclipse.ganymede-SR2-R200903261000
 はじめにJDKをインストールする。
 ダウンロードしたJDKのインストーラを実行するだけで何も考える必要はない。
 インストールが正常に遂行されたかどうかJDKとJREの動作確認を行う。と言っても、コマンドプロンプトでバージョン確認を行う程度。
JDK

c:\>”C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_14\bin\javac
” -version
javac 1.6.0_14

JRE

C:\>java -version
java version “1.6.0_14”
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_14-b08)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 14.0-b16, mixed mode, sharing)

 参考にしたサイトでは、JDKのドキュメントを C:\application に jdk6 というディレクトリ名で展開しなさいと言っているのだけど、このパスに意味はあるのかな?
 次のEclipseのインストールでも、C:\application に展開しろと言う。
 もしかすると、eclipseがJDKのドキュメントと連携できるのかもしれないが、説明や理由が書いてない。
 釈然としないが倣うことにする(本当はルートパス直下にディレクトリを増やしたくないのだけど)。
 結果として以下となった。

C:\application\jdk6 ← JDKドキュメント
C:\application\eclipse ← eclipse

 日本語化。
 ダウンロードしておいた日本語化パックを展開すると、eclipseというディレクトリが生まれるので、それをそのまま C:\application\eclipse に上書きしてしまう。
 以上でEclipse準備は完了。
 試しに起動(C:\application\eclipse\eclipse.exeを実行)してみると、ワークスペースの位置を設定しろと言われる。
 参考にしたサイトでは「C:\workspace\eclipse」にしましょうみたいな事が書かれてるけど、さすがにワークスペースはどこでもいいはずだ。とするとさっきの「C:\application」も別にどこでも良かったのかもしれない。
 元々使用していた作業フォルダ c:\works\にeclipseディレクトリを生成し、そこをワークスペースとして設定した。
 しばらくするとEclipseのWelcome画面(?)が表示される(このエントリ最初の画像)。
 今回はここまで。
 Software Desingの2009年3月号に『Androidアプリ開発「匠」への道』と題して特集が組まれていた。合わせて読んでいる。
 記事中で紹介されていたサイトを以下に記す。
Android 公式ドキュメント
http://code.google.com/android/
日本Androidの会
http://groups.google.co.jp/group/android-group-japan
Android SDK Japan
http://groups.google.co.jp/group/android-sdk-japan
 合わせてAndroid Discussion Groups(http://code.google.com/android/groups.html)というサイトが紹介されていたのだが、アクセスしてみても存在しない。
 code.google.comからリンクされていた以下のサイトをリンクしておく。
Android Developers
http://developer.android.com/

Androidことはじめ

 そろそろ新しい携帯電話欲しくなってきて、色々と物色している中、「そういえばAndroid携帯ってどうなったんだっけ?」と、別の方向に興味が移ってしまい、現在Androidに夢中。←いまここ

 新しい端末購入は、auからのAndroidリリースを待つことにし、それまでAndroidのアプリ開発に挑戦しようと思う。
 始めに言っておくと、Javaの開発経験はない。まるでない。
 であるから、Hello!!とAndroidが挨拶してくれるまで、しばらく時間がかかるかもしれない。
 まずは、開発環境の構築から、か。
Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門 – @IT
Google Android用携帯アプリ作成のための基礎知識 – @IT
* やや古
改訂版:Eclipseではじめるプログラミング – @IT
カバーデザイン:土井宏明(ポジトロン)/浅倉久志
早川書房 (1977/03/01)