Tag Archives: IS03

避難中活躍したモバイルバッテリーとか

普段から持ち歩いていて良かったバッテリー関連。

写真左:POWER KHAN USB Portable Battery Pack
2200mAh(約7.9Wh)という大容量のUSB充電式外部バッテリー。
元々Zaurusで使用していたものでしたが、IS03で再び日の目を見ることになったもの。本体の小さなボタンで出力制御できる。

写真右:PL-WUCHG01
家庭用コンセント→USBの変換アダプタ。プラネックスコミュニケーションズ製。
出力は1000mA。2個口なので便利そうだが2つの合計で1000mAなので、2つ同時に使うことがあまりない。盲点。

あとは、それぞれで使用するリールタイプのUSBケーブルとIS03バッテリー。

2011年3月11日 東日本大震災

これらが全て活躍した日。

この日、私は神奈川県横浜市に出張中でした。

情報収集でIS03のバッテリーがみるみる消費していく中、外部バッテリーと予備バッテリーを駆使しつつ、帰宅困難者向けに解放された横浜アリーナにたどり着きました。
横浜アリーナで充電できたおかげで、一日の大半を移動に費やした翌日もなんとか乗り切れました。

IS03のバッテリーは普段バッグに忍ばせていたのですが今はポケットに忍ばせています。
いつバッグと離れ離れになってしまうかと不安なので。

ちなみに、バッテリーを裸の状態でポケットに入れるのは大変危険なのでソフトケース等に入れましょう。
別の何かと接触して発熱する等の思いがけない事故に繋がる可能性があります。
キーホルダーとか危険ですというか同じポケットに一緒に入れないこと。

ZaurusとIS03

 SHARP IS03買った。

 Zaurus SL-C760(写真左)を触っていた2003年に、

「ケータイとPDAの間の端末が欲しい。PDAとPDCの間だからPDBとか言って」

と言ったのを思い出した。

 PDBっていうのはもちろん冗談だけど、つまりスマートフォンが欲しかった。
 その当時でも、PDAとPDCの中間の端末というのは、そのうち登場するだろうと想像できたけど、衰退していたPDA市場もあって、でもたぶんニッチな物になるだろうと思ってた。

 PDBの話は「そんな画面がデカい端末で電話するとかありえない」と笑われたけど、いつのまにか「ありえない画面サイズの端末」を耳に当てていても笑われる事のない世の中になった(ただし本当にありえないサイズのはさすがに笑う)。

 そして「猫も杓子も」とまでは行かないが、まあ大して良くわかっていない人すらも「スマートフォン!」と言う時代が来るとは思ってもみなかった。
 ものごとの流れはどうなるかわからない。だって、小さいとか軽いとか薄いとかいう端末を作るのにメーカーが躍起になってた時代もあったのにだよ。

 気になる点は既にいくつかあるけど、久しぶりに触り込む気になった。

カバー着せ替えについて
 IS03は現在オレンジ・ホワイト・ブラックの3色がリリースされているが、電池ブタを別途購入することで「着せ替え」ができる。
 ショップで聞いてみると、価格は税抜き610円、だけど通常販売向けの生産が追いついていない状況なので、取り寄せるにしてもしばらく先になるという回答だった。とりあえず、ブラックの電池ブタをお願いした(ブラックの電池ブタはオレンジのそれと違ってマットな感じ)。

SDカード
 32GB Class4にした。
 32GBのmicroSDHCはまだ値がはるし、16GB2枚でいいんじゃね?とか言う人がいるけど、IS03のSDカードスロットは電池を外さないと差し替えられない位置にあるのでやってられない。

ストラップ
 基本的に首にかけることは少ないのだけど、見た目でこれに。
 中央のボタンを押すとリングが外れる構造。リングの内側にベアリングが仕込まれているのも手が込んでいる。

とりあえず、こんな装備でIS03を触っていこうと思う。

キングストンテクノロジー (2010/10/13)