Notice: get_currentuserinfo の使用はバージョン 4.5.0 から非推奨になっています ! 代わりに wp_get_current_user() を使ってください。 in /var/www/html/blog/wp-includes/functions.php on line 3831 Call Stack: 0.0000 228168 1. {main}() /var/www/html/blog/index.php:0 0.0001 228608 2. require('/var/www/html/blog/wp-blog-header.php') /var/www/html/blog/index.php:17 0.1190 6069808 3. require_once('/var/www/html/blog/wp-includes/template-loader.php') /var/www/html/blog/wp-blog-header.php:19 0.1203 6079000 4. include('/var/www/html/blog/wp-content/themes/zbench/archive.php') /var/www/html/blog/wp-includes/template-loader.php:74 0.1203 6079032 5. get_header() /var/www/html/blog/wp-content/themes/zbench/archive.php:1 0.1203 6079616 6. locate_template() /var/www/html/blog/wp-includes/general-template.php:45 0.1203 6079856 7. load_template() /var/www/html/blog/wp-includes/template.php:647 0.1204 6094104 8. require_once('/var/www/html/blog/wp-content/themes/zbench/header.php') /var/www/html/blog/wp-includes/template.php:688 0.1217 6110360 9. wp_head() /var/www/html/blog/wp-content/themes/zbench/header.php:8 0.1217 6110408 10. do_action() /var/www/html/blog/wp-includes/general-template.php:2589 0.1217 6111080 11. WP_Hook->do_action() /var/www/html/blog/wp-includes/plugin.php:453 0.1217 6111176 12. WP_Hook->apply_filters() /var/www/html/blog/wp-includes/class-wp-hook.php:323 0.1313 6284944 13. call_user_func_array:{/var/www/html/blog/wp-includes/class-wp-hook.php:298}() /var/www/html/blog/wp-includes/class-wp-hook.php:298 0.1313 6285552 14. add_google_analytics() /var/www/html/blog/wp-includes/class-wp-hook.php:298 0.1316 6286336 15. ga_current_user_is() /var/www/html/blog/wp-content/plugins/google-analyticator/google-analyticator.php:1116 0.1316 6286368 16. get_currentuserinfo() /var/www/html/blog/wp-content/plugins/google-analyticator/google-analyticator.php:1289 0.1316 6286592 17. _deprecated_function() /var/www/html/blog/wp-includes/pluggable-deprecated.php:49 0.1316 6287080 18. trigger_error() /var/www/html/blog/wp-includes/functions.php:3831

Tag Archives: Java

読:『AndEngineでつくるAndroid 2Dゲーム』

 積読になってますた。

 AndEngineは、Android向けに開発されたオープンソースの2Dゲームエンジンで、GitHubで公開されてます。

ゲーム開発初心者でもJavaの専用ライブラリを使えばアイデアを即ゲーム化できる!

と、下世話な謳い文句がオビじゃなく表紙に印字されてて、
AndEngineで誰でもラクショーにゲーム作れるよ!
みたいな雰囲気が頂けませんが、僕もAndEngineでサクッとカジュアルゲーム作って大儲けしてみようと思います。

Android:Hello!Android, Hello?

 開発環境の支度も整ったので、いよいよ擬似端末を起動してサンプルプログラムを動作させてみる。
 以下を参考。
Android Market配布を目指しEclipseでHelloWorld! (3/3) – @IT
http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai4/android01/android01_3.html
 Eclipseを起動し、メニュー「ファイル」→「新規」→「プロジェクト」でAndroidを選択し、「次へ」ボタンを押下する。
eclipse_newproject.jpg
 参考にしたサイトと若干異なるのが気になるが、New Android Projectダイアログが表示される。次のように入力した。「完了」ボタンを押下する。
eclipse_newproject2.jpg
が、相変わらずWelcome画面のまま。プロジェクトの作成に失敗している?
eclipse.jpg
と思ったら、Welcome画面は×印のボタンによって閉じなければならないらしい。閉じたらさっき作成したHelloAndroidプロジェクトの画面が現われた。
 画面下、赤い文字でエラー出力されているのが気になる。

HelloAndroid] no classfiles specified
HelloAndroid] Conversion to Dalvik format failed with error 1

 気になるが、サイトの解説どおりデバッグボタン(虫ボタン)を押下し、ダイアログを表示させ、Android Applicationを選択して「OK」ボタンを押下。
eclipse_debug.jpg
 そしたらエラー。なに?
eclipse_debugerror.jpg

Your project contains error(s), please fix them before running your application.

 「オマエのプロジェクトはエラーだから、アプリを走らせる前に直せ馬鹿」と言われているようだが理由がわからない。空のプロジェクトを走らせただけなのに。
 最初にエラーが出ていたのがやはり怪しい。エラーの文言を調べた結果、対処策がわかった。
altemasoft – てくの・とりっぷ: Android SDK memo, no classfiles specified エラーが出る場合の対処
http://blog.altemasoft.com/article/29827399.html
 メニュー「プロジェクト」→「クリーン」で開くダイアログで対象プロジェクト選択してプロジェクトのクリーンアップを行えという事だ。
eclipse_projectclean.jpg
 メッセージが表示され、状況が変わったような気がする。再びデバッグ起動を試みる。が、違うエラー。
eclipse_AVDerror.jpg

No compatible targets were found. Do you wish to a add new Android Virtual Device?

 互換性を持つターゲットが見つからないと言っている。新しい仮想デバイスの追加がどうのこうのと。よくわからない。

Failed to find an AVD compatible with target ‘Android 1.5’.

とも言われている。メッセージを検索したら新しい事がわかった。
[Android] Android Virtual Devices (AVDs)
http://www.adakoda.com/adakoda/2009/04/android-android-virtual-devices-avds.html

また、Android 1.5 SDKをインストール後、AVDを一度も作成していない状態では、
Androidプロジェクト(プログラム)を実行することができないため、このAVDを作成する作業は、必須の作業となります。

 なるほど。
 解説のとおり、コマンドプロンプトで、Android SDKにあるtoolsディレクトリ配下で以下のコマンドを実行した。
作成可能なターゲットの表示

C:\application\android-sdk-windows-1.5_r2\tools>android list targets
Available Android targets:
id: 1
     Name: Android 1.1
     Type: Platform
     API level: 2
     Skins: HVGA (default), HVGA-L, HVGA-P, QVGA-L, QVGA-P
id: 2
     Name: Android 1.5
     Type: Platform
     API level: 3
     Skins: HVGA (default), HVGA-L, HVGA-P, QVGA-L, QVGA-P
id: 3
     Name: Google APIs
     Type: Add-On
     Vendor: Google Inc.
     Description: Android + Google APIs
     Based on Android 1.5 (API level 3)
     Libraries:
      * com.google.android.maps (maps.jar)
   &n
bsp;      API for Google Maps
     Skins: QVGA-P, HVGA-L, HVGA (default), QVGA-L, HVGA-P

 さっきプロジェクトを作成した際、ターゲットをAndroid 1.5としているので、以下の方法でAVDを作成した。
AVD作成方法

C:\application\android-sdk-windows-1.5_r2\tools>android create avd -n my_android
1.5 -t 2
Android 1.5 is a basic Android platform.
Do you wish to create a custom hardware profile [no]
Created AVD ‘my_android1.5’ based on Android 1.5

 コマンドを実行するとカスタムハードウェアの作成を問われるが[no]のままで良いらしい。
 なお、作成したAVDが不要になったら次の方法で削除するようだ。

android delete avd -n my_android1.5

 解説では、以下のコマンドでエミュレータが起動するというので、プロジェクトの事は置いておいて試してみた。

emulator @my_android1.5

android_emulator.jpg
 起動した!
(最初、スクリーンロックが掛かっているので、MENUボタンで解除する)
 ではいよいよ、HelloAndroid!だ。
 起動したエミュレータを閉じ、Eclipseから、さっき失敗したAndroid Applicationをdebugする。
android_HelloAndroid.jpg
 スクリーンロックを解除したらHelloAndroidアプリケーションが起動した(していた?)。
 おお、「Hello World, HelloAndroid!」と唱えている。
 ここまで来るのにもう少してこずると思っていたが、案外スムーズにうまくいった。
 とりあえず、ここで一区切り。
オライリージャパン (2010/09/04)

Android:開発環境の支度2『Android SDK』

 『Android SDK』はAndroid用アプリケーションを開発するための開発キット。擬似端末とツールなどが詰まっている。
 Android Developersからダウンロードする。最新バージョンは1.5であった(android-sdk-windows-1.5_r2.zip)。
Android Developers
http://developer.android.com/
 SDKの展開先は何処でも良いが、eclipseを展開した c:\application 下とした(C:\application\android-sdk-windows-1.5_r2)。
 次に、ADT(Android Development Tools Plugin for the Eclipse IDE)をインストールするのだが、これはEclipseのプラグインであるためインストール作業はEclipse上で行う。
 Eclipseのメニュー「ヘルプ」から「ソフトウェア更新」を選択しソフトウェア更新およびアドオンダイアログを表示する(注:Eclipseは日本語化してある)。
 「使用可能なソフトウェア」タグを選択し、「サイトの追加」ボタンを押下する。
 サイトの追加ダイアログのロケーションに以下URLを設定してOKボタンを押下。
https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/
 リストに設定したURLが追加された。
 ふと画面端を見てみると、プログレスバーのようなものがせわしなく動いている。ネットから何かを取得しているように見えるのだけれどわからない。参考にしているSoftware Design(2009/03)や、Webサイトには何も説明されていない。
eclipse_softwareupdate.jpg
 次の手順に進んで良いのか不安が残るが、手引きどおり次の手順へ進む事にした。
 次は、追加したURLのチェックボックスにチェックを入れて、インストールボタンを押下する・・・なのだが、チェックボックスにチェックを入れてもインストールボタンが活性化されない。やはり「何かの処理」の完了を待つ必要がありそうだ。
 しばらく待ったが全然終わらない。
 ソフトウェア更新およびアドオンダイアログが表示されているとEclipseが最小化できないので、とりあえずプログレスバーの処理が完了するまでダイアログを閉じておくことにする。
 最小化したら、アンチウイルスソフトのFireWallが「コイツの接続を許可していいか?」と言っていた。もちろんコイツはEclipse。これか・・・。
 許可したら少ししてプログレスバーの処理は止んだ。
 気を取り直して、追加したURLのチェックボックスにチェックを入れて、インストールボタンを押下する。
 インストールダイアログには以下2つのプラグインがチェック状態で表示されていた
  • Android DDMS
  • Android Development Tools
 普通に進めばインストールは完了する。再起動が必要。
 再起動したらADTの設定を行う。
 Eclipseのメニュー「ウィンドウ」から「設定」を選択し設定ダイアログを表示する(何度も書くけどEclipseは日本語化してある)。
 ダイアログ左のツリーにある「Android」を選択すると、警告ダイアログが2枚ほど表示されるが、何も心配ないので閉じれば良い。
 ダイアログ右のSDK LocationにAndroid SDKを展開した先を指定し、適用ボタンを押下する。
eclipse_ADT.jpg
 以上で開発環境の支度は完了。
 次回はいよいよ擬似端末を起動してみる。

Android:開発環境の支度1『Eclipse』

eclipse.jpg
 先のエントリのとおり、Google Androidアプリの開発に挑戦することにする。
 右も左もわからないのだけれど、おあつらえ向きなコンテンツが@ITにあったのでありがたく参考にさせて頂く。
Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門 – @IT
http://www.atmarkit.co.jp/fjava/index/index_android.html
 開発環境はEclipseがいいですよ、と言うので黙って従う事にする。なお今回は、Windows XPが動作するコンピュータで開発を行う。

Eclipseは使う前提として、JDKかJREがインストールされている必要があります。

 「JDKかJRE」。どちらも知らないし”or”なのが気になる。なに?
  • JDK(Java SE Development Kit)
  • JRE(Java Runtime Environment)
 どうやら開発キット(JDK)と実行環境(JRE)ということだけど、JREはJDKを内包していると書いてあるので、JDKをインストールする事にする。
Java SE Overview – at a Glance
http://java.sun.com/javase/
 『JDK 6 Update 14』というのがあったのでダウンロードした(jdk-6u14-windows-i586.exe)。
 日本語化されたドキュメントも用意されているので合わせてダウンロードする(jdk-6u10-docs-ja.zip)。展開したら266Mbyteにもなった。巨大だ。
 次にEclipse。
Eclipse Downloads
http://www.eclipse.org/downloads/
 3.4.2が最新版であるらしいので『Eclipse IDE for Java Developers (85 MB)』の”Windows”アンカーでページ遷移してダウンロード(eclipse-java-ganymede-SR2-win32.zip)。
 Eclipse 3.4.2の日本語化言語パックも入手下記サイトから入手する。
 『Eclipse IDE for Java Developers』のアーカイブがそれである(NLpackja-eclipse-java-ganymede-SR2-blancofw.zip)。
Eclipse Ganymede (3.4.2) 日本語化言語パック (サードパーティ版)
http://sourceforge.jp/projects/nttdatagroup-oss-square/wiki/blanco_Framework%252Fnlpack.eclipse.ganymede-SR2-R200903261000
 はじめにJDKをインストールする。
 ダウンロードしたJDKのインストーラを実行するだけで何も考える必要はない。
 インストールが正常に遂行されたかどうかJDKとJREの動作確認を行う。と言っても、コマンドプロンプトでバージョン確認を行う程度。
JDK

c:\>”C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_14\bin\javac
” -version
javac 1.6.0_14

JRE

C:\>java -version
java version “1.6.0_14”
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_14-b08)
Java HotSpot(TM) Client VM (build 14.0-b16, mixed mode, sharing)

 参考にしたサイトでは、JDKのドキュメントを C:\application に jdk6 というディレクトリ名で展開しなさいと言っているのだけど、このパスに意味はあるのかな?
 次のEclipseのインストールでも、C:\application に展開しろと言う。
 もしかすると、eclipseがJDKのドキュメントと連携できるのかもしれないが、説明や理由が書いてない。
 釈然としないが倣うことにする(本当はルートパス直下にディレクトリを増やしたくないのだけど)。
 結果として以下となった。

C:\application\jdk6 ← JDKドキュメント
C:\application\eclipse ← eclipse

 日本語化。
 ダウンロードしておいた日本語化パックを展開すると、eclipseというディレクトリが生まれるので、それをそのまま C:\application\eclipse に上書きしてしまう。
 以上でEclipse準備は完了。
 試しに起動(C:\application\eclipse\eclipse.exeを実行)してみると、ワークスペースの位置を設定しろと言われる。
 参考にしたサイトでは「C:\workspace\eclipse」にしましょうみたいな事が書かれてるけど、さすがにワークスペースはどこでもいいはずだ。とするとさっきの「C:\application」も別にどこでも良かったのかもしれない。
 元々使用していた作業フォルダ c:\works\にeclipseディレクトリを生成し、そこをワークスペースとして設定した。
 しばらくするとEclipseのWelcome画面(?)が表示される(このエントリ最初の画像)。
 今回はここまで。
 Software Desingの2009年3月号に『Androidアプリ開発「匠」への道』と題して特集が組まれていた。合わせて読んでいる。
 記事中で紹介されていたサイトを以下に記す。
Android 公式ドキュメント
http://code.google.com/android/
日本Androidの会
http://groups.google.co.jp/group/android-group-japan
Android SDK Japan
http://groups.google.co.jp/group/android-sdk-japan
 合わせてAndroid Discussion Groups(http://code.google.com/android/groups.html)というサイトが紹介されていたのだが、アクセスしてみても存在しない。
 code.google.comからリンクされていた以下のサイトをリンクしておく。
Android Developers
http://developer.android.com/

Androidことはじめ

 そろそろ新しい携帯電話欲しくなってきて、色々と物色している中、「そういえばAndroid携帯ってどうなったんだっけ?」と、別の方向に興味が移ってしまい、現在Androidに夢中。←いまここ

 新しい端末購入は、auからのAndroidリリースを待つことにし、それまでAndroidのアプリ開発に挑戦しようと思う。
 始めに言っておくと、Javaの開発経験はない。まるでない。
 であるから、Hello!!とAndroidが挨拶してくれるまで、しばらく時間がかかるかもしれない。
 まずは、開発環境の構築から、か。
Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門 – @IT
Google Android用携帯アプリ作成のための基礎知識 – @IT
* やや古
改訂版:Eclipseではじめるプログラミング – @IT
カバーデザイン:土井宏明(ポジトロン)/浅倉久志
早川書房 (1977/03/01)