Tag Archives: LAN

LANコンセントに挑戦

 LANコンセントに挑戦してみました。もちろんCategory 6。ギガ。

 LANコンセントはパナソニックのNR3170Wを使用します。

 裏返して、キャップを外すとこのような状態。

 次にLANケーブル
 中身を傷つけないように皮膜を切除します。
 CATE6用のケーブルなので中心に仕切りが入ってます。なのでケーブルは比較的硬め(でも取り回しに困るほど硬くないです)。

 LANコンセントにケーブル色のガイドがあるので同じ色の溝にあてがっていきます。
 仮なので外れない程度に。

 付随のキャップは、ケーブルを奥まで押し込むためのツールでもあるので、写真のように強く押し込みます。

 飛び出している部分は”根元から”ニッパーで切除し、再びキャップをはめると完成。

 あとは、コンセントカバーを外し。

 完成。

 これを両端で行えばLANコンセントの完成となります。
 これを全6部屋(内1室にルータが設置されているので、その部屋のパネルは5つのLANコンセントとなります)で行いました。
 LANコンセント初めてだったので不安でしたが思っていたよりもうまくいきました。

pdaXrom:ネットワーク接続(有線LAN)

 とりあえず有線でネットワーク接続。
 使用したデバイスは、プラネックスコミュニケーションズのCF-100TX(今回のために買った)。
planex_CF100TX.jpg
 デカいなー。
以下環境で挑戦。
  • Zaurus SL-C760
  • pdaXrom 1.1.0 r197
  • planex CF-100TX
 LANカード刺して繋げばラクショーでしょうとタカを括ってたのだけど苦労した。
 LANカードを刺して、LANケーブルを接続する。
 まずは状況確認。

# ifconfig

ifconfig1.gif
 ローカルループバックしか表示されない。eth0の状態を確認。

# ifconfig eth0

ifconfig2.gif
 eth0が表示されるが起動していないし(起動している場合、2行目 BROADCAST の前に”UP”が付く)、DHCPによるIPアドレスの取得も行えていない。以下のようにすれば手動で起動させることも可能だが、今回はそれが問題ではない。

# ifconfig eth0 up

 結論としてこの解法は、『DHCPクライアントデーモン(dhcpcd)を起動する』。dhcpcdは最初から入っている。

# dhcpcd
# ifconfig

ifconfig3.gif
 IPアドレスが取得できた。自分以外のホストにping飛ばすとかして疎通確認。OK。
 以上、手動によるネットワーク接続だけど、毎度毎度dhcpcdを叩くのでは手間がかかる。ホットプラグについて調べなければならないが、今回はここまで。
 pdaXromによるネットワーク接続について調べてみると、[System Tools]→[LAN & Wifi]でNetwork Settingsで・・・みたいに書かれているが、今回はそのような設定は行っていない。
シャープ (2003/06/21)