Notice: get_currentuserinfo の使用はバージョン 4.5.0 から非推奨になっています ! 代わりに wp_get_current_user() を使ってください。 in /var/www/html/blog/wp-includes/functions.php on line 3831 Call Stack: 0.0000 228168 1. {main}() /var/www/html/blog/index.php:0 0.0001 228608 2. require('/var/www/html/blog/wp-blog-header.php') /var/www/html/blog/index.php:17 0.1141 6012856 3. require_once('/var/www/html/blog/wp-includes/template-loader.php') /var/www/html/blog/wp-blog-header.php:19 0.1154 6022024 4. include('/var/www/html/blog/wp-content/themes/zbench/archive.php') /var/www/html/blog/wp-includes/template-loader.php:74 0.1154 6022056 5. get_header() /var/www/html/blog/wp-content/themes/zbench/archive.php:1 0.1154 6022640 6. locate_template() /var/www/html/blog/wp-includes/general-template.php:45 0.1154 6022880 7. load_template() /var/www/html/blog/wp-includes/template.php:647 0.1154 6037144 8. require_once('/var/www/html/blog/wp-content/themes/zbench/header.php') /var/www/html/blog/wp-includes/template.php:688 0.1168 6053400 9. wp_head() /var/www/html/blog/wp-content/themes/zbench/header.php:8 0.1168 6053448 10. do_action() /var/www/html/blog/wp-includes/general-template.php:2589 0.1168 6054120 11. WP_Hook->do_action() /var/www/html/blog/wp-includes/plugin.php:453 0.1168 6054216 12. WP_Hook->apply_filters() /var/www/html/blog/wp-includes/class-wp-hook.php:323 0.1261 6229512 13. call_user_func_array:{/var/www/html/blog/wp-includes/class-wp-hook.php:298}() /var/www/html/blog/wp-includes/class-wp-hook.php:298 0.1261 6230120 14. add_google_analytics() /var/www/html/blog/wp-includes/class-wp-hook.php:298 0.1264 6230904 15. ga_current_user_is() /var/www/html/blog/wp-content/plugins/google-analyticator/google-analyticator.php:1116 0.1264 6230936 16. get_currentuserinfo() /var/www/html/blog/wp-content/plugins/google-analyticator/google-analyticator.php:1289 0.1264 6231160 17. _deprecated_function() /var/www/html/blog/wp-includes/pluggable-deprecated.php:49 0.1264 6231648 18. trigger_error() /var/www/html/blog/wp-includes/functions.php:3831

Tag Archives: x31

ThinkPadでデュアルブート

 ThinkPad(X31)のHDD換装を終えたので、そもそもの目的であったWindowsとLinuxのデュアルブートを実現しようと思う。
 WindowsXPとFedora11。
 以下の(中略)自己責任で!
 あと、あらかじめLiveUSBを作っておいたほうがいい。ブートローダ置換のために。あと、ヘタするとWindowsが起動できなくなるかもしれない。
 さて、作業はあまり難しくはないが慎重に行う必要がある(今回はHDD換装直後のため工場出荷時状態だったから気にしなかったけれど)。
 あぶない。
 HDD換装時に使用したパーティション編集ツールを用い、Linux用の領域をCドライブから奪う。
EASEUS
EASEUS Partition Master(Home Edition)は無償だ。
 40GByte程度頂いた。
 パーティションを分割したら、あとは普通にLinuxをインストールするだけだけど、マスターブートレコード(MBR)については注意を払ったほうがいい。
 深く考えずにLinxuをインストールした場合、おそらくMBRのブートローダはLinuxのローダによって上書きされてしまうだろう。
 作業に際して以下のコンテンツをよく読んだ。
 情報量が多く、また丁寧に書かれているので、デュアルブートもしくはマルチブート環境を構築する場合、手を動かす前に一読する事を薦める。
Tips: マルチブートするなら2段階ブート方式に統一しよう
 Fedoraのインストール過程で以下の画面に到達したら、『空き領域を使用』を選択し、『パーティションレイアウトの再確認と変更』のチェックボックスをチェック。
 たとえパーティションレイアウトをインストーラに任せる場合でも必ずチェックすること。そうしないとMBRが上書きされる。
(なお、以下の画面でディスクサイズが4GBになっているのは、説明用に別環境でキャプチャしたためである)
fedora_installer.jpg
 『パーティションレイアウトの再確認と変更』をチェックしておく事により、後々以下の画面が表示される(チェックしないとこの画面はスキップされ、見ることはできない)。
 もちろん『ブートローダを/dev/sdaにインストールする』のチェックは外しておくこと。
fedora_installer2.jpg
 あとは特別な事をせずインストーラに任せて置けばよい。Next&Nextで。
 Linux(Fedora11)のインストールが完了。
 次にブートローダ。
 以下を参考にし、ブートローダはMBMを用いることにした。
Tips: MBM(ChaNさんの高機能・マルチブート用ブートローダ)をもっと便利に使う情報とツール
 手っ取り早かったので、先日作成したLiveUSBで起動し、Linux上で上記コンテンツからダウンロードしたMBMをブートレコードに書き込む。
 以上でThinkPadでのデュアルブート環境構築作業は終了。

ThinkPad X31とbig drive

 ついカッっとなって購入したHDDは2週間前に到着した。

 喜び勇んでセットアップを行ったのだが、不良セクタが検出された為、初期不良として交換し、改めて160GByteのHDDを手にした。
 古いPCの場合、big driveに対応しているかどうかがHDD購入に際しての肝なのだが、少なくとも手元にあるThinkPad X31(2672-LJ6)では問題なく認識している。検索で飛んできた人、安心して欲しい。

ThinkPad x31 メモリ増設計画(2G) 結果

 前エントリ、『ThinkPad x31 メモリ増設計画(2G) 』からのつづき。

 結論から言うと成功です。
 ThinkPad X31 2672-CBJ に1GB以上のメモリを載せることができました。
 使用したメモリは、 IO DATA DDR SODIMM PC2700(333MHz) 200pin

1.25G.gif

 はじめから搭載されていた256Mbのメモリと、今回購入した1GBのメモリを挿して、トータル1.25GBを認識しています。

 快適!
 おそらくは2672-CBJ でも、チップセットの仕様どおり、2GB(1GB x 2)までいけるはずです。

 次はHDDの換装かな?

———-
2009/09/03 追記
本エントリはタイトルに反して1.25GB止まりとなっていますが、以下エントリで2GBまでの増設に成功してます。大丈夫です。

http://www.ivoryworks.com/blog/2009/09/thinkpad-x312gb.php

ThinkPad 製品カタログ
http://www-06.ibm.com/jp/pc/thinkpad/library.shtml

[PDF]ThinkPad X31
http://www-06.ibm.com/jp/pc/thinkpad/pdf/tpx313a.pdf

アイ・オー・データ (2003/10/31)

ThinkPad x31 メモリ増設計画(2G)

 以前のエントリで、

調べてみたら、この型最大1G(512×2)しか乗らないみたい。同じX31で2Gまで載るのあるんですけど、その点残念。

と書いたけど、中部ノートセンターではx31全て2Gまでメモリ増設可能と謳っているので、実はイケるんじゃないかと。

 搭載できるメモリの上限はチップセットに左右されると聞いたので、X31(CBJ)のチップセットを調べてみる(もらう)ことに。
 ThinkPad X31(2672-C2J, CBJ, N7J, NBJ, PXJ, PHJ, C6J, CAJ, N6J, NAJ)のカタログスペックを眺めてみると、チップセットはどれも共通のIntel 855PM。Intel 855PMのスペックからすると2GまでOKとのこと。もしかすると、X31モデルでメモリの上限が1G(512MB x 2)と言っているものは、発売当時に1Gのメモリが存在しなかったからかもしれないね、と言われました。

 で、そこまでわかって、中部ノートセンターのメモリ(x31完全保障)を買うかと言うと、中々手が出ない(高いよ、やっぱり)。
 Web検索しても、X31(CBJ)にメモリ2G載せた、っていう情報も見当たらないしな。

 IO DATAでCBJのメモリ対応状況を調べてみると、やはりここでもCBJの上限は1G(512MB x 2)と言っている。
 思うに、これ、2Gでは動作しませんといっているのではなくて、実は単にメーカ公表のスペックが上限1Gだからそう言っている(言えない)だけなんじゃないかと思う。同一のチップセットを搭載するNBJは2GまでOKと言っているし。

 試しに買ってみる・・・。
っていうか、今注文したので、到着したらどっちに転んでも報告する。

ThinkPad 製品カタログ
http://www-06.ibm.com/jp/pc/thinkpad/library.shtml

[PDF]ThinkPad X31
http://www-06.ibm.com/jp/pc/thinkpad/pdf/tpx313a.pdf

アイ・オー・データ (2003/10/31)