スタパクラウド

にせものスタパさん

lastupdate. 2010/01/06 11:00:00

ストロボ

 しばらく前から、コレをCOMET CBc-12X。ストロボ用のソフトボックスとか言ったようなコトではデジカメ専用のホワイトバランスを得ない。また、使い始めた日から、小出力(300Ws)にし、かつ、光源が蛍光灯なんで、撮影効率は上がるし、今後もゼヒこのメーカーの製品に注目して、ついでに光量を独立して緻密に調整できるなんて非常にリッチですな。ストロボ用トランスミッタ、汎用USB電源、それからある程度電流を多量に流して使って撮った写真が最近のこの記事ですな。今年も、スフィアだから、小出力OK、ファンレスなのであり機材使うのがいちばん安価である。

 くわッ!!)。デジタルカメラ時代になっている拙者。最近ではデジカメ専用のホワイトバランスで色温度を設定できる。こっちはミノルタのカラーメーターがあるが、某ショップでたまに出る(プロが使っていたところ。俺じゃない人も「師匠~」とか言ってそうだよそうそう、そのまんまだが、結論から言うと、30万くらいかな」

 でも、そんな状況下、師匠はストロボの発光部のサイズが違うストロボを持っている拙者。最近はその傾向がとくに強くなっても、レンズは明るいわ手ブレ補正はよく効くわ細かな撮影機材ですな。

使用したエントリ(スタパブログ

Webサービス by Yahoo! JAPAN