スタパクラウド

にせものスタパさん

lastupdate. 2010/01/06 11:00:00

テープ

 Bluetooth接続のワイヤレスマイクロホンECM-HW1はカッコエエのぉ~と思って買ったのだ。実際、何度か両面テープは再利用可能で案外剥がしやすいのであり、単に「捨てないで一応持ってますけど)全然使わないCD-Rが邪魔だからだ。しかし結果から言えば、普通に電子工作して欲しかった

 確かにそうだが、選んだところではないか。ウチではひと月に数枚使うか使わないか。ややIT企業寄りだと、コネクタ類や吸排気口を塞がないカバー形状で熱問題は特にナシ。またシンプルかつ薄めに作られている。読み書き速度がCD-R等メディアを使い切るまでにはあと10年以上前の雑誌編集部のエディトリアルデザイナー席にはどうなるのかもしれないま、いつもはこういう部分が死ぬだけで、その抵抗値はExx系列というもの、もうテープ式ビデオカメラと比べると、やっぱりですねえ、60GBとか100GBとかの台紙みたいな差があって、週に一度くらい発動する拙者的に危ういコトを考えたら、あぁそうそうソニーと言えば、HDMX-SUシリーズ。これもUSBバスパワーで動く大容量なのか? コロコロかも。あ、原稿書いた直後に完治しましたけど、原稿をメモパッドそのものになって考えていること。なーんだ3つあるじゃん興味津々点>俺、てな感じである。マニア的観点から取付作業を行うと、実は読者様のN様からメールをいただきまして。「購入考え中なんスけど、結局、容量的にですねえ、60GBとか100GBのHDDハンディカムことDCR-SR100なのであったが、50cmのケーブル(フルパッケージモデルのみ/とりあえず短くてカワイイ)が便利。ノートPCのUSBポートがけっこーイイんじゃないだろうか様。

 とか思っていた。キャップ側にキャップを装着する時だけカバー外して(剥がして)、付属の分離型ストラップ。本体側に落下防止のためのストラップを通すと、デッキ同士でダビング等ができるゼ!! だけど一般的なテープが送られてたりしてたんだヨ」とか思っていて、車内に既存する器具と物理的に干渉しちゃって一度取り外すハメになっている。本体側にキャップを装着してはカセットテープケースサイズって感じなのである。抵抗値はExx系列というセット。拙者のtypeUをポートリプリケーターに装着しにくくなる。という観点で、リールから、100本ずつ“リールに止めてあった”のであった。ソルベックス、と。

使用したエントリ(スタパブログ

Webサービス by Yahoo! JAPAN