スタパクラウド

にせものスタパさん

lastupdate. 2010/01/06 11:00:00

ハンダ

 武蔵野電波のプロトタイパーズの7月30日掲載分で見られるが、アルミケースで精度も高そう(という器具ですな。

 でも、作るのもナイス。本体は146×115×98mmでコンパクトだヨ!! いわゆるステーションタイプとか使ったシンセサイザー、相性診断回路ことラブ・アナライザ、電池をギリギリまで使い倒せるジュール・シーフ、リモコンに反応するLEDライト、残像表示装置(POV)。てか、とか思ってたんですけど、秋葉原を散策。またなんでしょうけど。

 コンデンサがコンビナートのような実践指向の気軽な読み物な感じにしちゃえるし。だから静かでありますように!!

使用したエントリ(スタパブログ

Webサービス by Yahoo! JAPAN