スタパクラウド

にせものスタパさん

lastupdate. 2010/01/06 11:00:00

回路

 で、アンテナから入ってくる。

 拙宅CAT背面。アンテナ接続端子があるような感覚で調べられる。SwitcherCAD IIIの使用例。写真と図版をなるべく多くし、回路を試作……しようとして非常にわかりやすく書かれている。もっとも、認めている。「こういうモンなんで、それ自体は珍しくないが、いちばんハードルが低いような気がするマイキット150であったんダ!! コンデンサが足りないパーツのリストを作るというわけだ。この本、470μF/25V×15本、100μF/50V×25本、4.7μF/50V×15本、22μF/80V×15本、22μF/25V×5本、1000μF/25V×5本、47μF/25V×15本、100μF/100V×10本、2.2μF/100V×10本、4.7μF/50V×10本セットがイキナリ100本ずつ“リールに止めてあったわけで毎度おなじみの必要部品不足っス。版元はナゼかマサカのオーム社!! そして俺も俺も右と左の判断をとっさにつけられない写真集、色味的に使い始めた便利ソフトことMicrosoft Windows Automotive 4.2を搭載した。デジ一眼とコンパクト機にハッキリと書かれててキレイっすね。眠いわね。やるな東京都とか思っちゃう拙者。

 読んで、主にカーオーディオとカーナビの取材のようだったが、理詰めでわかりやすく誰かに説明するのはその一部。複数PCを使っていたパーツがキット(セット)での電流計測はできない拙者です。

使用したエントリ(スタパブログ

Webサービス by Yahoo! JAPAN